自衛隊でヘリを操縦

ヘリ国を守る公務員である自衛隊ですが、ほかの海上保安庁や警察でヘリコプターを操縦するには第一種事業用操縦士の免許ではできません。この理由は自衛隊でヘリコプターを操縦する場合は通常とは違う法律が適用されるからです。自衛隊内でヘリコプターの操縦士になる流れとして最も多い流れは陸送航空操縦学生課程を修了して操縦士になるというものです。またこの過程を受験するための資格として陸上自衛隊に入り、三等陸曹に昇進、昇進後一年が経っており、かつ26歳未満であることが求められます。試験は学科試験の一次、面接や身体検査などの二次試験からなります。これに合格してやっと自衛隊でヘリコプターを操縦することができるようになります。

民間航空から自衛隊のヘリコプター操縦士にはストレートでなることはできませんが、自衛隊から民間航空に入ることはできます。しかし以前に自衛隊の操縦士が大量に民間航空に流れ込んだことから、自衛隊では自衛隊から民間航空への移動に規制を設けています。そのため自衛隊から民間への就職は難しいとされています。

また自衛隊は軍事的利用としてヘリコプターを使うこともありますが、災害に遭った人々を緊急搬送する際にも利用されています。