ヘリコプター免許

勉強就職するために使うことができるヘリコプター免許は事業用操縦士という資格のみになります。自家用操縦士は自家用のヘリコプターを飛ばすことはできますが、商業的な利用としてヘリコプターを操縦することはできません。現在ヘリコプターの操縦士の需要は高まっていくとされています。その理由は現在現役で活躍している、ベテランとされている団塊の世代の操縦士が一斉にいなくなってしまう危機があるからです。

また、若いヘリコプター操縦士志望者にとって、教育機関の費用がネックとなっているという点も挙げられます。この問題を解決するために、ヘリコプター業界大手の会社では奨学金制度を設け、免許取得後会社の研修生になることを条件に、若手操縦士を募集しています。この奨学金を使うことができるのは研修に時間がかかることから、27歳以下の若者のみに限定されています。先ほどベテランの操縦士が退職していくということについて触れましたが、まだ現役で勤めている人が多くいるため、若手の市場は広くはないのが現状で、就職をするまでに飛行回数を重ねておきたいところですが、なかなか難しいのが現状です。

しかしヘリコプター免許を持っていれば、国を守る仕事や、民間企業でも広い分野で活躍できる可能性があります。ただ、第一種事業用操縦士の免許を持っていても操縦することができないヘリコプターが一つあります。それは自衛隊のヘリコプターです。自衛隊でもヘリコプターは使われていますが、まず自衛隊員になるために様々な試験を受ける必要があります。